オロビアンコ(榮川・ノダテマグ)

0
    Orobiancoは(オロビアンコ)は1996年ジャコモ・バレンティーニ氏(CEO兼デザイナー)によって創立され、イタリア、ガラレーテを拠点とし世界各国のバイヤーより支持されている。BAGを中心とするファッションブランドであり、各アイテムのアイデアは、 旅や日々の生活経験から生まれており構造的、機能的にも優れている。 またオロビアンコはファッション業界の中にあって、イタリア熟練工や その職人技を前面に打ち出し「made inItaly」の強みを生かした物作りを継続するブランド。 ”Orobianco”とはイタリア語で「白金、貴重なもの、重要なもの」という意味の言葉。 そのオロビアンコと、会津に根付いた商品のコラボをマッチングした。

  1. 『オロビアンコ×ノダテマグ(株式会社 関美工堂)』
  2.  会津塗の伝統工芸士と若手職人さん達が 厳選された天然木を使い、  一つ一つ丁寧に作り上げた. JAPANメイドの湯のみ、関美工堂のノダテマグの木地に  本銀漆留めの蒔絵でオロビアンコのブランドロゴを施したコラボレーション商品。

  3. 『オロビアンコ×榮川酒造』
  4.  <復興支援「オロビアンコ×萩原雅彦×榮川酒造」コラボ商品企画>  低アルコール微発泡酒「FUME PIZZICARTO(フューメ・ピッチカート)」  「FUME PIZZICARTO(フューメ・ピッチカート)」は、ジャコモ氏が来日した際、  東日本大震災の復興支援のため日本の伝統産品への支援を申し出た事がきっかけとなり、  ジャコモ氏が希望の虹をイメージしたラベルをデザインすると共に、  日本を代表するイタリアンシェフ萩原雅彦氏(カフェ・カンパニー㈱エクゼクティブシェフ)の監修のもと、福島県榮川酒造(創業明治2年)と協力した商品開発プロジェクトが実現。  微発泡酒「FUME PIZZICARTO (フューメ・ピッチカート)」は、シャンパーニュ方式による炭酸ガスを加えない自然発酵の微発泡酒。瓶内での熟成によるシャンパンのような  きめ細かい泡立ちが特徴。ワイングラスに注いで魚系のイタリア料理と合わせるのがお勧め。