『絶景絶品のふるさと玄海町』シェフズキャンプ

0

九州といえばプロ野球のキャンプ地。
選手も練習に励むが、地元との交流もあり、ファンも追いかけてやってくる。
シェフも地域の食材や食文化を学び、地元と交流しながら、その成果をお客様に料理として届ける。
それゆえのシェフズキャンプ!

素材試食OUt

玄海町といったら真鯛、牡蠣、ふぐ、鮑など豊富な魚介類の宝庫。 東京のレストラン代表として、㈱銀座クルーズ和・洋のシェフが訪問。
しかもシェフを連れてマネージしてくれるのは同社の澤口部長。
本田と中学高校の同級生でもある。
初めてのタッグだが、同級生と共に仕事が出来るのはまた一興。

大漁旗

シェフズキャンプ in 佐賀玄海町。 大漁旗でお出迎え下さる。

料理実演

漁師さん2kgUp真鯛を港でさばく。中高同級生の澤口氏。

sazae

地元消費で流通しないチュパチュパ貝(アズマニシキ貝)と豊富なサザエ。
役場の方始め、真鯛、牡蠣、とらふぐ、鮑などの養殖生産者さん、漁業組合、 地元飲食組合などの皆様を囲みながらの試作、ディスカッション。

試食会

NHK始め、テレビ、新聞に多数取り上げられました。
玄海町は豊富な海産物に地場野菜、そして佐賀牛。 特に玄海町の真鯛は脂がのっているのはもちろん見た目の美しさが絶品。
その名もベッピン真鯛!
#絶景絶品のふるさと玄海町