鰊の山椒漬け

会津の郷土料理といえば、鰊の山椒漬け。
二丸屋さんの鰊の山椒漬けは、肉厚で一切れ一切れ贅沢に味わうことができます。
厳選した鰊を丁寧にした処理し、会津の山から届く山椒の若葉をたっぷり使用し、秘伝の味付けで漬け込んでいます。一口噛めば、じゅわ~っと口いっぱいに広がる、鰊の旨味とさわやかな山椒の香り。漬け汁のまろやかな酸味も相まって、やみつきになるおいしさ。日本酒のあてにはもちろんですが、お蕎麦との相性も抜群!
火で軽く炙っていただくのもおすすめで、やわらかく香ばしい風味でご飯が進む逸品です。

山に囲まれた会津盆地では、新鮮な魚を手に入れることが困難であったことから、江戸時代より長期保存可能な身欠きにしんを使った「にしんの山椒漬け」が作られるようになったと言います。

春告魚とも呼ばれるニシン。
そして、春から初夏にかけて芽吹く、さわやかな香りの山椒で漬ける「にしんの山椒漬け」
季節のごちそうです。

もうすぐ父の日。
日本酒と一緒にギフトにしても喜ばれそうですね。
いつもの晩酌に、会津の名産、ニシンの山椒漬けを是非どうぞ。

■会津二丸屋 郷土料理百選 鰊の山椒漬け

ヤフーショッピングはこちら
楽天市場はこちら
Amazonはこちら

Follow me!

前の記事

会津銘産品 馬刺し