日本で養蜂がもっとも盛んに行われている地域はどこですか・・・? パっと答えが出てくる方は少ないのではないかと思います。 全国的に見ても、もちろんランキングはあるので、盛んな地域の順位付はされておりますが、有名な産地というよりは、各地でこだわりを持って行っているところがほとんどのようです。 今回は会津地方で自家栽培にこだわり、無添加のままの天然蜂蜜を生産している「ハニー松本」の商品のご紹介で...

味に絶対の自信。 多くの方から高評価をいただいている本格喜多方ラーメンのご紹介です。 は~るは~き~たかた~♪ な~つも~き~たかた~♪ あ~きは~き~たかた~♪ ふ~ゆも~き~たかた~♪ 福島県民なら誰もが知っている懐かしのあのCM。 女の子が元気よく歌っていたCMのラーメンが「五十嵐製麺」の販売している喜多方ラーメン村。 今回紹介する喜多方ラーメンは、そん...

会津の薬用人参はおたね人参という種類の人参で、別名を朝鮮人参、高麗人参とも呼ばれます。 会津は日本国内で3カ所しか産地化に成功しなかったうちのひとつで、日本有数の「おたね人参」の産地として有名です。 皆さんは健康食品や栄養ドリンクでは摂取する機会があっても、生のおたね人参を食べる機会はなかなかないのではないでしょうか? 用途としては、サムゲタンや焼酎漬けなどよく聞くかと思...

家族を想ったとき、その卵は生まれました ただひたすらに家族を想って作った卵。 名前を「妻の為のたまご」「娘の為のたまご」と名付けました。 会津坂下町でこだわりの卵を作っている「やますけ農園」さん。 ユニークな商品名には、園主山口さんの想いが溢れています。 山口さんは2007年まで海外勤務でヨーロッパ中心の生活を送っていました。 日々の生活はとても忙しく、仕事に追われる毎日でした。 家族の為...

【 にしんの山椒漬けとは? 】 身欠きにしんを山椒の葉やしょう油、酒、酢などで漬けたもので会津地方の郷土料理。 江戸時代頃より作られていたとされる。身欠きにしんは貴重なたんぱく源だったが、この地域は山々に囲まれている事から海が遠く、新鮮な魚の入手が難しかったため、ニシンの干物に保存性を高める効果のある山椒の葉が使われていた。 現在も、各家庭で毎年漬け込まれ、その味と風味から日本酒の肴...

樹ノ音工房 起き上がり小法師箸置き 可愛い起き上がり小法師モチーフの箸置き。 会津本郷焼の窯元のなかでも、特に若い世代に人気の“樹ノ音工房”さんの作品です。 ひとつひとつ丁寧に手描きされる表情は、素朴でどこかぬくもりを感じます。 本郷焼で作られた箸置きは、ナチュラル系のキッチンにはもちろん北欧系や和風にも馴染む質感です。 6個セットで販売中。 ※...

「奥会津金山 天然炭酸の水」は、 一日に限られた量しか採取することの出来ない、大変貴重な純国産の天然炭酸水です。 硬度は、57。 軟水にして微炭酸というまろやかな口あたりで、和洋問わず様々な食事によく合います。 徹底した品質へのこだわり 源泉の清らかさを損なわないよう、徹底した衛生管理のもと、採水・ろ過処理を行っています。 また、水質試験の結果 大腸菌はもとより、一...

■会津地鶏とは 会津地鶏はその昔、平家の落人が愛玩用に持ち込んだものが広まったと言われております。 また、会津地方に伝わる伝統行事「会津彼岸獅子」(1570年代から伝承されているもの)の飾羽に会津地鶏の尾羽が使用されています。 この事から会津地鶏は、400年も前から、既に生息していたことが分かります。 絶滅寸前の会津地鶏が昭和62年に発見され、鹿児島大学での血液鑑定の結果、これまでの鶏とは完全...