地域プロデュース

地域の課題解決や、
地域の魅力を
最大限に引き出すために、
その地域に潜んでいる人
モノ、技、文化、風土といった
独自の資源をリサーチし、


地域独⾃の資源を活かした
事業づくりや
課題解決へつながる戦略的なアドバイスや
コーディネート・プロデュースを
行っています。

私たちが目指すこと

地方自治体やその地域に根ざし事業を営む地域企業が抱える課題に対して、速やかに成果につながる取組だけでなく、中長期にわたる戦略的な「見通し」をご提案できる企業であり続けます。

そのために、常に課題解決のためのモデルを創造し続け、地域が「今」求めていることに応えられる知見と豊富な専門家や企業ネットワークを駆使して、日本の地域の未来づくりをサポートしていきます。

私たちの強み

地域の魅力の最大化、課題解決を実現するプロデュース力
・経験豊富なプロデューサー陣が、地域の魅力を最大化するためにリサーチ、分析、戦略立案、具体施策の提示、プロジェクト化までワンストップでご提案します。
・地域課題解決を実現する事業モデル構築のプロフェッショナルです 。

事業を成功に導くプロフェッショナルとのつながり
・商品開発、デザイン、ブランディング、販路開拓、PR、クリエイターなど、多種多様な国内外で活躍する専⾨家とのネットワークを持っています。
・約20年に渡り、100を超える地域と300社を超える企業と向き合い、振興事業を遂行してきたつながりがあります 。

地域で事業を営んできた企業としての実践経験
・自らが会津若松をベースに地域での生業(なりわい)をしていることで、地域ならではの「これまでと今」を経験しているため、地域に寄り添ったお手伝いが可能です

私たちのソリューション

  • 地域の魅力を活⽤した商品開発
  • 販路開拓
  • 関係(関与)人口の創出
  • 自治体と企業、企業同士のマッチングサポート
  • 全国各地の地域連携による取り組みの推進
  • シティプロモーション/都市ブランド戦略
  • DMO/DMC/地域商社の立ち上げ
  • スマートシティー・スーパーシティー推進
  • 事業遂行に向けた地域での受け皿・体制づくり

プロデュース事例

過去の
地域プロデュース事例を
ご紹介します。

風間浦「下北〜ジオ・ダイニング」

地元のシェフを招き、下北の食に触れてもらうイベントを開催しました。
この地域でしか手に入らない希少な食材を美味しくいただくことで「また来たい!」と思う場所へプロデュース。
地元人も改めて地元の良さを知る機会となり、今でも訪問者との交流が盛んに行われている。

仏ヶ浦「下北〜ジオ・ダイニング」

下北ジオパークの見どころの一つで佐井村の名勝・仏ケ浦を舞台に、下北の大地と海が育んだ食材を使った料理を味わうメディアツアーを行ないました。
美しい景観と下北が育んだ素晴らしい食を融合させる「下北ジオ・ガストロノミー」の一環として初めて開催し、メディアによる発信や新たな旅行商品開発へつなげる取り組みです。

「大堀相馬焼」

東日本大震災で避難を余儀なくされた、福島12市町村の150社を対象に事業支援を行っています。
江戸時代初期から作られ始めたと言われる、福島県浪江町の大堀地区一円で生産されてきた焼物で、相馬野馬追の左馬のモチーフや、青ひび、二重焼などを特徴とする伝統的工芸品を支援しています。

実績ブログ

NEWS
下北半島「ジオ・ガストロノミー・ツーリズム」の取り組みが「スポーツ文化ツーリズムアワード2020」において特別賞 食文化ツーリズム賞を受賞
Local to Global
アウトドアのお供に! 非常時にもうれしい「ふくしまの常備食」誕生
PRODUCE
シェフたちを磐梯山の恵みあふれる福島県磐梯町へご招待 〜シェフの畑探しツアー〜
PRODUCE
世界的デザイナーコシノミチコ氏と「川俣シルク」がコラボした「FUKUSHIMA HOODY by MICHIKO KOSHINO」
PRODUCE
川俣シルク事業者と関西在住クリエイターのマッチングイベント「Kawamata silk meeting in Kyoto」
PRODUCE
All Japan Silk Project 「繭の茶室」茶会 ―めぐり― 開催