大俵引き

    0

    2015/01/14

    ばんげ初市

    大俵引き

    極寒の中、下帯一本の男衆が東西に分かれ、長さ4メートル、高さ2.5メートル、重さ5トンの大俵を勇ましく引き合う姿は"会津の冬の風物詩″上町(東方)が勝つとその年の米の値段があがり、下町(西方)が勝つと豊作になるといわれています。また、引き子は一年間無病息災になるといわれ、全国から引き子が集まります。大俵引きが終わると「福豆俵まき」が行われ、拾うと一年間福が授かるといわれています。

    会場町役場前路上
    お問い合わせ産業課
    商工観光班
    〒969-6592 福島県河沼郡会津坂下町字市中三番甲3662番地
    電話:0242-83-5711
    Fax:0242-83-5713
    その他情報http://goo.gl/wN2KA3

    10671_1004247322922442_1123079390417470755_n

    シェア
    前の記事高田大俵引き
    次の記事歳の神