今日は民謡のすすめ。 e-和楽器店長、実はプレイヤーとしても活動中でございます。 私の主宰する民謡教室“会津民謡華葵”は今年で発足10年を迎えました。 4歳から通っていた民謡教室から母と共に独立したのが19歳。 様々な先生方に助けてもらいながら、勉強、勉強の10年でした。 家族の支えはもちろん一番大きかったと言えます。 そんな家族同然、妹のようにいつもついてきてくれる一番弟子、彼女が今...

受験生の方へ、合格祈願米をお贈りしませんか。 この時期受験シーズン真っ只中ですが、そんな受験生を応援する「合格祈願米」を発売いたします。 1月27日(金)吉日大安の日に、福島県会津若松市にある「愛宕(あたご)神社」に行って参りました。 愛宕神社は学問成就の神様としてご利益のある神社です。 地元では、社殿までの道のりは長く、不揃いな石段が続く神社としても知られています。 ...

2016年新春民謡ショーに出かけてきました。 e-和楽器店長、実はプレイヤーとしても活動中でございます。 福島県母畑温泉八幡屋さん。 県内外のお客様が対象の県内観光ツアーでのステージでした。 一般的な民謡ショーでは、尺八、三味線、太鼓、チャンチキ、と様々な楽器を使用しますが、 今回は音源を使用する楽曲も多く、コンパクトに太鼓とチャンチキのみです。 民謡は、長胴太鼓のよ...

本田屋継承米の農家さんご家族総勢20名に当社メンバ‐で約30名の新年会です。 この催しは2回目ですが震災後は初めて。 毎度最初だけ緊張な面持ちですが、一杯入ると百戦錬磨の農家さん、盛り上がる盛り上がる。 この農家さん家族の笑顔が私たちの仕事の遣り甲斐です!

1. 福島復興支援チャリティーディナー チーム・ソルトンセサミのチャリティーパーティー 福島〜いま、私たちにできること〜 から始まる新たな出会いと創造 2011年9月22日 マンダリンオリエンタルホテル東京 福島の会津地域(昭和村)には、未来へずっと残していきたい「からむし織」という織物の文化があります。 草を育てるところから、繊維を取りだし、糸をつむぎ、機を織る。 自然の中で季節と共に、それは素...

商品開発とパッケージの打ち合わせ中に出していただいたのが、「でんがら」という野上がりまんじゅうでした。 「でんがら」とは、三重県西部松阪(香肌峡)の地域に根付くお菓子です。 春の田植えや茶刈などの農作業が無事に終えられたことに感謝し、でんがらを作って祖先にお供えをし、 疲れた体を休め家族や地域の人たちと食べるお饅頭のこと。 ほう葉を使って四角く包み、シュウロの紐で括ると田の...

今年で3年目となる“ふくしまみらいプロジェクト” 東日本大震災で避難を余儀なくされた、福島12市町村の150社を対象に事業支援を行っています。 ふくしまみらいプロジェクトとは・・ https://fukushima-challenge.go.jp/ “大堀相馬焼”をみなさんご存知ですか? 江戸時代初期から作られ始めたと言われる、福島県浪江町の大堀地区一円で生産されてきた焼物で...

3月。つるし雛のとなりに可愛い縁起物が並んでいました。 “南天九猿” 言葉の通り、南天の枝の上に9匹の猿が乗っています。 地元のおばあさん達手作りのちりめん細工です。 この南天九猿には、ある“願い”が込められています。 「難が転じて苦が去る」 「難(南)が転(天)じて苦(九)が去る(猿)」 縁起の良い飾りとして知られており、「家内円(猿)満」という意味合いも込めて ...

今が旬のアスパラ、継承米と共に頂きます!! 前回は王道“グリーンアスパラの豚バラ巻き”をご紹介しました。 ▶▶ こちらもご覧ください  「ご飯がすすむアスパラ料理 第二弾」となる今日は “継承米とアスパラの洋風炊き込みご飯”です。 太めのアスパラは、こってりジューシーな肉巻きなどにぴったりですが、 こちらは中くらいから細めのサイズがちょうど良いです。 まずは根元のかた...

雪解けと共に、ふきのとうが地面から顔を出します。 湿った落ち葉の下に、鮮やかな黄緑色を見つけると嬉しくなります。 やっと春が来たんだなぁ、と。 ふきのとうはフキの若い花茎で、特有の香りと苦味があります。 会津では雪解けが始まる2月の終わりから4月上旬くらいまで自生しており、 花が開く前の状態から、開いて少し伸びた状態のものまで様々な食べ方で頂きます。 佃煮や天ぷら、けんちんにしても...

会津地方に古くから伝わる伝統民芸品、赤べこ・起き上がり小法師の張り子人形を製作している野沢民芸さん。 古き良き伝統を継承しつつ、新しきも取り入れ、デザイン性の高い民芸品の創造に取り組んでいます。 近年では、NHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公だった≪新島八重≫をイメージした創作赤べこや、動物をモチーフにした起き上がり小法師、結婚祝いに最適な新郎新婦セットの可愛らしいウェディング小法師など、新...

私たちの住む会津では、全国的にも有名な『身不知柿』が多く栽培されています。 その名前の由来はいくつか説があります。 ・柿の木が重みで折れてしまうほど大きくたわわに(身の程知らずに)実をつけることから。 ・将軍に献上したところ「私はこんなに美味しい柿を今まで知らなかった」と称賛されたから。 ・美味しすぎて身の程知らずにたくさん食べてしまうということから。 とにかく昔の人も見不知柿を...

継承米H28年度新米の予約が間もなく開始となります!! 10月中旬頃から順次発送を予定しております。 さてこの時期、はやい品種のお米は間もなく新米の便りが届く頃です。 会津坂下町で開発された「瑞穂小金(みずほこがね)」 このお米は会津のどのお米よりも早く、八月下旬には収穫できます。 成長の段階で、籾の中に光合成によってできたデンプンがどんどん溜められていきますが、この時は、まだお米のように...

スーパーマーケットトレードショー 2013 (震災復興支援ブース) 『第47回スーパーマーケット・トレードショー2013』 2013年2月13日(水)~15日(金)in 東京ビッグサイト 本ブースは被災地域である岩手・宮城・福島の3県から構成。被災地3県からセレクトした商品が展示された。 『東日本大震災復興支援プログラム』ブースにおいて 福島県コーナーの開発商品等のプロデュースをつとめる...

継承米の稲も夏の日差しを浴びてぐんぐん根っこを伸ばしています!! さて間もなく緑色の稲穂に、可愛いお米の花が咲きます。 お米の花とは? お米を作る過程で、穂がみのる時期にお米の花稲 (かすい) が出てきて、稲の受粉が行われます。 この時、天気の良い午前中に白くて小さい花が咲くんです。 咲いている時間が数時間と、とても短いのと、大きさもかなり小さいのでなかなかタイミングよく見ることができま...

『第46回スーパーマーケット・トレードショー2012』 2012年2月1日(水)~3日(金)in 東京ビッグサイト 主催者企画『食のREBIRTHプロジェクト 東日本大震災復興支援コーナー』 において総合プロデュースをつとめる。支援を必要とする事業者と応援したいバイヤーをつなぐことを目的に、『食のREBIRTHプロジェクト 東日本大震災復興支援コーナー』を実施。 .本ブースは被災地域である岩手...

ふくしま食材フェア『福和来』開催 2013年2月25日(月)渋谷ヒカリエ「FLOWERS Common」にて。 福島県の豊かな自然が育んだ魅力ある食材を使った料理が三名のシェフのレシピにより提供された。 (左より)  森住 康二シェフ カフェ・カンパニー エクゼクティブシェフ  萩原 雅彦シェフ カフェ・カンパニー エクゼクティブシェフ  五十 嵐美幸シェフ 「中国料理...

チラシ(表) 『ふくしま食堂』 福島県産品の風評払拭を目的とし、福島県を応援する「ふくしま応援シェフ」と連携した「ふくしまの食の絆づくり事業」として、銀座三越にて『ふくしま食堂』を開催した。 2012年9月5日~11日 銀座三越 地下2階 デリカパークにて。 【連携シェフ】 岡副真吾氏 「金田中」 徳岡邦夫氏 「京都吉兆」 山田耕之亮氏 「玉ひで」 野永喜三夫氏 「日本橋ゆかり」 柿沢安耶...

本田屋本店の代表が地域プロデュースを行っており、その地域の関わりのある産品をご紹介させて頂きます。 今回は福山市のブランド認定品とされたお菓子、「マミーローズ」のご紹介です。 広島県福山市は ばらの町として有名です。 福山のばらづくりは戦後まもなく始まり、昭和60年には市花に制定されました。 今では街じゅうに100万本のばらが咲きほこり、5月に行われるばら祭りは毎年大いに賑わっています。 ...

2017/12/14テレビ東京「主治医が見つかる診療所」にて “柿酢”の凄いパワーが紹介されたようです。 なんと弊社Local to Globalで扱う柿酢も注文殺到でございます。 しかも弊社で扱う柿酢は<七年熟成>の超貴重品。 在庫がなくなってしまう前に是非!というご案内です。 ↓↓柿酢のご注文ページはこちら ■楽天 https://goo.gl/KhpuEi ■Yah...

季節は梅雨に入りました。みなさんお元気ですか。 今日はとっっっってもお得なキャンペーンのお知らせをしちゃいます!! 「お中元ギフト」に継承米をお選び頂くと、ご注文者様のご自宅に継承米が届いちゃう…!? 気になる詳細ですが↓↓↓ <お中元ギフトキャンペーン> ~5つ贈ったら1つもらえちゃう~ http://shop.keisyoumai.com/?pid=103601233 継承米5㎏を5つ贈ると...

鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2019」 戊辰の風 花の雲 ~森公美子と歌う「花は咲く」~ 観覧応募締切 間もなくだそうです! 2013年に始まったプロジェクションマッピングイベント「はるか」は、 今年で7年目を迎え、ここ会津では5回目。 今回はゲストに歌手の森公美子さんをお迎えし開催されます。 2019年3月21日(木) 18:30~/19:15~/20:0...

下北6市町村連携プロジェクト 『下北“ジオ・ダイニング”メディアツアー in 仏ヶ浦』    ~仏ケ浦の絶景舞台に、下北の美食を堪能~ ■開催日:2018年5月17日(木)〜18日(金) ■会 場:青森県下北半島仏ヶ浦 下北ならではの絶景 × 絶景が育む絶品食材 プロデューサー 本田勝之助 2018年5月17〜18日に開催された「下北“ジオ・ダイニング”...

北は北海道から南は沖縄まで日本全国でコシヒカリは栽培されています。 福島県でも約8割がコシヒカリだと言われているそうです。 他にも様々な品種があるのに、どうしてコシヒカリだけがこれ程多く栽培されているのでしょう。 これは今栽培されているお米の中で、コシヒカリが“一般的に”一番美味しいと言われるところに理由があるようです。 コシヒカリの誕生は今から六十程前。 今でこそコメ余りな...

イベント目白押しの7月! 会津へのお出かけの参考にしてください♪ 【ほおずき市】 開催期間:毎年7月10日 開催時間:12:30から21:00(予定) 会  場:福島県会津若松市大町 四つ角周辺 ★ほおずき市は夏の風物詩   お日市の縁日風の雰囲気をお楽しみ頂けます! 【猪苗代湖湖水浴場浜開き】 開催期間:【湖水浴期間】毎年7月20日~8月20日 開...

本田屋本店がなぜ、スマートシティー!? 弊社代表の本田は会津に戻って2001年に立上げた会社は 会津大学生とのIT企業でした。 その頃からのつながりや構想があり… 経緯などの詳細は下記に記載されています。是非こちらご覧ください。 https://dcross.impress.co.jp/…/column20171122-01/000242.html   様々な事業を蓄積し、ここま...

2018年5月17-18日に開催された下北6市町村連携プロジェクト『下北“ジオ・ダイニング”メディアツアー in 仏ヶ浦』に続くプロジェクトとして、本田屋本店主催にて『下北“ジオ・ダイニング” in 風間浦』を開催いたしました。 ■開催日:2018年10月11日(木) 18:00〜 ■会 場:風間浦村 湯ん湯ん ガーデン ■主 催:本田屋本店 ■プロデュース:本田勝之助 ...

三島町は、福島県の西部に位置し、尾瀬を源流とする只見川沿いにある山間の町です。 冬は積雪が2メートルを超えることもある豪雪地域のひとつです。 雪国ならではの知恵や暮らしに根付く冬の手仕事として、この「編み組細工」が伝承されてきました。 編み組細工は、奥会津地方の山間部で採れる植物、ヒロロや山ブドウ、マタタビなどを材料に、丁寧な手仕事で作られます。籠や笊などの生活工芸から可愛らしい小物やア...

青葉が目に眩しいこの頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 お天気もピーカンだった先週末、仲間とBBQをしました。 YAGISAWAFARM~通称本田屋FARMの絶景のロケーションでワイワイ! 畑では、ブルーベリーやサルナシなど無農薬で栽培をしています。 会津美里町八木沢の高台に位置している為、景色が本当に最高です! 田んぼにはちょうど水が入ったので、上から見ているとキラキ...

2011年12月16日~2012年3月末 日本とシンガポールを結ぶ“クール・ジャパン事業”東北の食・ファッション・コンテンツ分野の3事業をシンガポールからアジア全域に発信 「カフェ・カンパニー株式会社(代表取締役社長:楠本修二郎/所在地:東京都渋谷区)は、2011 年12 月 16 日(金)より 2012 年 3 月末まで経済産業省より受託した クール・ジャパン海外戦略事業をシンガポールにて展開。...

今回は岩手県の大黒醤油株式会社の〈糀なんばん〉のご紹介です。 岩手県北、軽米町の大黒醤油株式会社は、手造りにこだわり50余年の醤油・味噌製造元です。 お名前は醤油屋ですが、お客様からは“味噌屋さんですか?”とお電話をいただくことも多い“味噌にこだわる醤油屋”さんなのです。 今回ご紹介する〈糀なんばん〉は、当初関東方面での催事用に手造りしたものだとか。 口コミで瞬く間に広まり...

弊社で運営しております、ローカル良いものセレクトショップ“LOCAL TO GLOBAL”より、 人気商品のご案内です! 【国産】福島県産 粒えごま 便秘解消などの効果が期待できる!?と話題の“えごま” メディアにも取り上げられ全国的にブームがおこっていますよね。 私達のWEBショップ“LOCAL TO GLOBAL”略して“LG”でもその人気は今も続いております。 安心安...

「うるち米」「もち米」「酒造好適米」 米の種類は大きくこの3つに分けることができます。 ・うるち米  普段私達が食べている「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」など ・もち米 お餅やお赤飯に使用する「こがねもち」や「ヒメノモチ」など ・酒造好適米  酒米とも言いますが、酒造りに適した「五百万石」などが有名 しかし最近ではここには属さない、新しいジャンルも増えています。 健康ブームにのり「古代米」や「朝...

我らが会津“高田梅”こそ、日本一ジャンボな梅の品種なんだそうですね! 中でも大きいものですと、1個100グラムにもなります。 まもなく収穫を迎え、会津の方はお宅でも恒例の梅酒づくりが始まる頃でしょうか。 梅酒を作るコツは、出来るだけ傷のないきれいな梅を選ぶことです。 傷のある梅を使うと、どうしても味に雑味が出てしまうようですね。 しかしこの高田梅、残念ながら梅干しには向きません。 その理由は、種...

本田屋本店の代表が地域プロデュースを行っており、その地域の関わりのある産品をご紹介させて頂きます。 今回は福山市のブランド認定品とされた、「くわいぽたーじゅスープ」のご紹介です。 広島県福山市はくわいの生産量日本一を誇ります。 みなさん、そもそも”くわい”とはどういうものかご存知ですか? なかなか馴染みのない名前ですが、実はくわいは水田栽培される野菜の一種なのです。 くわいはこんな...

もう皆さんご存知の通り、本田屋本店の代表取締役である本田勝之助は、地域のプロデュースで全国各地を飛び回っております。 いつもお土産で各地のおいしい産品を持って帰ってきてくれるのですが、こんなにおいしい各地の産品を皆さんに紹介しないのは勿体ない!申し訳ない! ということで、今回は広島県福山市で育てられた海苔で作られた〈極 海苔師の生のり佃煮〉のご紹介したいと思います。 広...

味に絶対の自信。 多くの方から高評価をいただいている本格喜多方ラーメンのご紹介です。 は~るは~き~たかた~♪ な~つも~き~たかた~♪ あ~きは~き~たかた~♪ ふ~ゆも~き~たかた~♪ 福島県民なら誰もが知っている懐かしのあのCM。 女の子が元気よく歌っていたCMのラーメンが「五十嵐製麺」の販売している喜多方ラーメン村。 今回紹介する喜多方ラーメンは、そん...

11月ももうあと少しで終わり、あっという間に12月になってしまいますね。 街はクリスマス色に染まり、今年ももうそんな時期なんだとしみじみしてしまいます。 さて、この時期の重要な行事といえばなんでしょうか。 そう、お歳暮です!皆さんもうお決まりでしたでしょうか。 今年のお歳暮には「会津継承米 氏郷」はいかがでしょうか。 感謝の気持ちをお伝えする、贈り物に大変喜ばれるお米です。 只今お得なお...

Orobiancoは(オロビアンコ)は1996年ジャコモ・バレンティーニ氏(CEO兼デザイナー)によって創立され、イタリア、ガラレーテを拠点とし世界各国のバイヤーより支持されている。BAGを中心とするファッションブランドであり、各アイテムのアイデアは、 旅や日々の生活経験から生まれており構造的、機能的にも優れている。 またオロビアンコはファッション業界の中にあって、イタリア熟練工や その職人...

夏本番!!会津もお祭り時期を迎えています。 昔は多かったですよね“盆踊り” 太鼓や笛の音にワクワクし、近所の公園に出かけていった記憶はありませんか? 私達もシーズンになると会津だけでも、約20か所以上の櫓で演奏していました。 数は少なくなりましたが今でも昔ながらの盆踊りを継承する地域があります。 会津地域の盆踊りはもちろん“会津磐梯山”1時間~2時間踊り続けます。 時には、踊ってくれる人を歌詞で褒...

今が旬のアスパラ、継承米と共に頂きます!! この時期会津若松市内のスーパーや直売所には、特設でアスパラコーナーが大きく設けられるほど人気で、たくさんのアスパラが収穫されています。 それもそのはず、、、みなさんご存知でしたか? 福島県のアスパラは、なんと作付面積「全国第3位!!」 そしてそのうち90%が会津産だと言われています。 切り口のみずみずしさ、そして生で食べられ...

今が旬の大根。 野菜の高騰が続いていますが、我が家の食卓は実家の家庭菜園に助けられています。 先日もみずみずしい大根をたくさんもらって来ました。 この時期は煮物やおでんに大活躍ですよね。 近頃は皮むきスライサーで薄くした大根でお鍋するのがお気に入りです♪ 生でサラダやディップにしたり、漬物の定番だったりもしますね。 皆さんのお家ではどんな定番料理がありますか? 野菜の王様、それは消費量ナンバー...

まちづくりの活動自体もブランドである。という視点で第3者が評価しブランド登録をする。地域発の取組み。121商品の応募から、たった5商品しか選ばれない日本の地方で恐らく一番競争率の高かったブランド認定。 崖の上のポニョ、ウルバリン、流星ワゴンなど映画ドラマとゆかりの深い鞆の浦を擁する福山市。そのポテンシャルの高さをブランド視点で戦略的に価値化しPRする地域活性化支援を実施中。 U....

「『New Luxuryな、新潟づくしの1日』curated by 新之助」 弊社代表本田勝之助が、なんと!! 新潟の新プレミアム米「新之助」リリースパーティーを手がけました。 米を手掛けて15年。能を始めて8年。 そんな勝之助が考える「新之助」とは。 パーティーの様子を皆さんにもお届けいたします。 -----------------------------------...

昨年10月にGINZA SIXにて開催しました「新之助」リリースパーティーの様子が、 Webマガジン「ethica」に掲載されました。 ------------------------------------------------- “地域プロデューサー・本田勝之助さんに伺いました。 キラキラ輝く大粒の新星、新潟のブランド米「新之助」” http://www.ethica.jp/4...

e-和楽器店長、実はプレイヤーとしても活動中でございます。 夏の会津はイベント盛りだくさん!! 私自身も様々出演を予定しておりますが、一般の皆さんにもお越し頂けるイベントをご紹介します。 【LOCAL MUSIC FES 音楽浄土(otoraku jodo)】 今年で3年目になるこのイベント。 会津のシーンを引っ張る“志運動”(音楽浄土実行委員会)主催の野外音楽フェスです。 私達も毎年お...

日本遺産やばけい遊覧シンポジウムを開催しました。 日本遺産統括プロデューサー本田勝之助が講師・コーディネーターを務めました。 大分県中津市 やばけい遊覧 ~大地に描いた山水絵巻の道をゆく~ <あなたからはじまる日本遺産>  シンポジウムでは「日本遺産は文化GDPを上げて未来に故郷を遺す事業」と題し、日本遺産を活用した地域の活性化や観光におけるインバウンドについて、様々な事例を用い講...

東京ビッグサイト東展示棟東3ホールで2016年2月3日(水)〜5日(金)に開催されたグルメ&ダイニングスタイルショーに向けて、2ブースデザインさせていただきました。 1ブース目が、福山ブランド(福山市)。福山ブランドとは、2015年から始まった福山市都市ブランド戦略に基づく「認定・登録制度」のことです。 ブースコンセプトは「福山ブランドの認知度UP」です。テーマカラーの紫を主体とした高級感ある...

まもなく母の日ですね。お母さまへのプレゼント、毎年迷っている方に見ていただきたいラインナップをご用意いたしました。 継承米をはじめ、スーパーやデパートではあまり目にしない地域の逸品ぞろいです。今年はオンリーワンのプレゼント、いかがでしょうか。 ▶▶ 継承米HP  ▶▶ アマゾン ▶▶ 楽天  ▶▶ Yahooショッピング 

本田屋本店の代表が地域プロデュースを行っており、その地域の関わりのある産品をご紹介させて頂きます。 以前〈極 海苔師の生のり佃煮〉をご紹介させていただきましたが、今回は磯の風味豊かな〈六切り焼海苔〉のご紹介です。 広島県の東南部に浮かぶ、福山市内海町の田島(たしま)というところで、海苔の養殖・製造を行っています。 広島県の中でも福山は最も海苔の養殖が盛んな地域。中でも田島がその生産の8割を占...

■会津地鶏とは 会津地鶏はその昔、平家の落人が愛玩用に持ち込んだものが広まったと言われております。 また、会津地方に伝わる伝統行事「会津彼岸獅子」(1570年代から伝承されているもの)の飾羽に会津地鶏の尾羽が使用されています。 この事から会津地鶏は、400年も前から、既に生息していたことが分かります。 絶滅寸前の会津地鶏が昭和62年に発見され、鹿児島大学での血液鑑定の結果、これまでの鶏とは完全...

夏真っ盛り! 子供達は夏休みに入り、オフィスの外から聞こえる声が賑やかです。 さて、間もなく8月ですがこの時期待ち遠しいイベントと言えば【会津本郷せと市】です!! 毎年8月第1日曜日花火と共に幕が開き、4万人ほどのお客様が集まります。 歴史はなんと明治の後期ともいわれています。 ------------------------------------------------ ...

師走を迎え、何かと気ぜわしい毎日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。 会津は今月に入ってすぐ初雪が降りました。 雪にワクワクするのはせいぜいこの初雪まで。 そのあとはいつあの本番を迎えることになるか・・・と、心の準備をしつつ車のタイヤを変えて待つのです。 年末。 今年の冬は雪が少なくて嬉しいわ、なんて話していてもちゃんとやってきます。 降り始めた雪は翌朝まで降り続き、一面真っ白の雪景色。 一晩で外...

水の文化と赤ちゃんに優しい軟水が特徴の山形県長井市。 軟水の中でも特に硬度が低く20程度です。 赤ちゃんの内臓への負担が少ないため、ミルクの溶き水や飲み水として使用するのに最適です。 水道水は朝日山系の山々によって自然に濾過された100パーセント天然の地下水を使用しています。 町中に水路が張り巡らされ、豊かな水と自然が広がる景色のなかでの生活は、贅沢な水での子育てを実現すること...

人口三万人の人が住む山形県の長井市。 水道水から100パーセント天然水がでると言っていいほど軟水の水が美味しいところです。 水がいいため馬肉にレインボー野菜、カレー、ラーメンと美味しいものばかりですが、 その中でも「ひっぱり」という長井にしかない郷土料理を紹介します! 「ひっぱり」とはうどんの食べ方の一つです。 材料の納豆と鯖缶、七味、ネギなどの薬味を小さな器に入れてタレをつくり、 茹で上...

冬の間は田んぼはお休み。 今日は新年を迎え、こんな話題。 初夢に見ると縁起が良いとされる“一富士二鷹三茄子” 色々な説がありますが皆さんご存知ですか? 日本一の高さを誇る「富士山」、賢くて強い鳥「鷹」、そして大願成就という言葉から 大願を成す(なす)と言われる説は一般によく知られているでしょう。 しかし実際のところは、駿河の国(現在の静岡県中央部)の高いものを順番に並べたの ではないかという説が...

今が旬のアスパラ、継承米と共に頂きます!! 「ご飯がすすむアスパラ料理」ということで 第一弾は ▶▶グリーンアスパラの豚バラ巻き 第二弾は ▶▶継承米とアスパラの洋風炊き込みご飯 をご紹介しました。 第三弾となる今日は、最終回 “彩りアスパラの山塩炒め” です。 お馴染みのグリーンアスパラから、ホワイト、紫、桜(ピンク)と全4色のアスパラを使って彩り鮮やかな一品を作ります。 ...
video

5月に開催した『下北ジオダイニング メディアツアー in 仏ヶ浦』 こちらの映像がついに公開になりました!! 下北半島 - GEO DINING SHIMOKITA - https://www.youtube.com/watch?v=TypdUKfniuU イベントの様子はコチラからもご覧いただけます。 ▶▶(『下北“ジオ・ダイニング”メディアツアー in 仏ヶ浦』開催しました)...

今年で3年目となる“ふくしまみらいプロジェクト” 東日本大震災で避難を余儀なくされた、福島12市町村の150社を対象に事業支援を行っています。 ふくしまみらいプロジェクトとは・・ https://fukushima-challenge.go.jp/ “大堀相馬焼”をみなさんご存知ですか? 江戸時代初期から作られ始めたと言われる、福島県浪江町の大堀地区一円で生産されてきた焼物で...

大好評の和スイーツみしらずあんぽ柿、新しく入荷しました。 今回のメーカーさんは、オーチャード斉藤さん。 頂いた写真からも、とろっとろ具合がよくわかります! ◆みしらずあんぽ柿230g 内容量1パック4~5個入り230gのはずが・・・ 大きいものを詰めすぎて、250~300g強となっています。ご了承ください!! 会津の逸品、皇室への献上柿として知られる会津北御山産会津みしら...

旬を迎えているさつま芋料理を継承米とご紹介。 <継承米×さつま芋> 収穫されたばかりのさつまいもで大学いも。 ほくほくのさつまいもに醤油味の甘い水あめをからめた大学いもは女子に大人気。 ご飯のおかずにもいいけど、おやつにもぴったり! 継承米とさつま芋を土鍋で。 お鍋の中で一粒一粒がしっかりと立ち、ピカピカつやつやな炊きあがり! ご自宅の継承米写真も...

キッカケさえ作れば、後はその地域のむしろネイキットな魅力で十分という地域が殆ど。 少し仕立てこだわって演出して多少予算かけるけど、それで素敵な錚々たるメディアの方々が来てくれる。 その媒体をみて人が動いてくれる。 最後ハートを射抜くのは地域の方たちの思いや、やりきった成果。 ゴールを決めるのはプロデューサーである当社ではない。? 地域の魅力はありのままでも、魅せ方ひとつでこん...

正月にみられる伝統芸能“獅子舞” 新年早々獅子に頭をかじられ「目出度い目出度い」と、時折目にします。 日本の獅子舞は様々なバリエーションがあり、日本で最も数が多い民俗芸能だと言われます。 会津にも獅子はいますが、それは俗に「彼岸獅子」と呼ばれ、春の彼岸に町をめぐるものです。 主には笛、桶胴太鼓、鐘(鳴り物)でお囃子を奏で、主役の獅子を盛り立てます。 人の頭をかじるしぐさは、人についた邪気を食べて...

暖かな春の日差しがうれしい季節となりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 週末、ぽかぽか陽気に誘わて市内を少しドライブしました。 本田屋オフィスから車で約40分程のところにある“会津美里町八木沢”、 田んぼや畑も多く、のんびりとした時間が流れる素敵なまちです。 私も大好きで、時々ピクニックシートとコーヒーを持ってのんびり出かけています。 現在八木沢では、菜の花畑がちょうど見頃を迎...

ここ会津には、伝統を守り、昔からの製法で搾油している油屋があります。 明治時代から菜種油を搾り続けている平出油屋。 その製法は今も変わらず「玉締め圧搾法」で搾られています。 土蔵の中で、当時から使い続けている機械を稼働させています。 見たことのないブレーカーに歴史を感じます。 この土蔵の中だけは明治時代の姿のまま。 酸化防止剤等の添加物を使い、化学処理された油が市販されている中で、良...

三菱地所グループ × 食育丸の内「丸の内シェフズクラブ」 トップシェフたちによる食のブランド再生プロジェクト 『Rebirth東北フードプロジェクト』 2011 年11 月14 日(月) 仙台ロイヤルパークホテル 三菱地所株式会社が、東京・丸の内で食育活動を行う「丸の内シェフズクラブ」の協力を得て、東日本大震災において大きな被害を受けた東北エリアの食材・...

九州といえばプロ野球のキャンプ地。 選手も練習に励むが、地元との交流もあり、ファンも追いかけてやってくる。 シェフも地域の食材や食文化を学び、地元と交流しながら、その成果をお客様に料理として届ける。 それゆえのシェフズキャンプ! 玄海町といったら真鯛、牡蠣、ふぐ、鮑など豊富な魚介類の宝庫。 東京のレストラン代表として、㈱銀座クルーズ和・洋のシェフが訪問。 しかもシェフを連れてマネージしてくれるの...

みなさん、正しい母の日の意味を知っていますか? 母の日とは、「母に感謝の気持ちを表す日。五月第二日曜日」 と、されています。 ではなぜ、五月第二日曜日に母に感謝の気持ちを表すことになったのでしょうか? それは、1905年5月9日アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死に遭遇したことで 生前に母を敬う機会を設けようとはたらきかけたことに由来しま...

お家の野菜室にたんまりと。 この時期キュウリは買ったり頂いたりと、皆さんも沢山消費されていると思います。 会津でも沢山の農家さんが栽培しています。 さて皆さんの知っているきゅうりは、どんな色をしていますか? きゅうりの表面に出来るブツブツとしたイボには、「白イボ」と「黒イボ」 の2種類があります。 昔は全国的にみても黒イボがほとんどだったそうですが、昭和50年頃に突然主流が 白イボに変わ...

sildenafil citrate 100mg erfahrung 2011年9月22日 マンダリンオリエンタルホテル東京 福島復興支援チャリティーディナー チーム・ソルトンセサミのチャリティーパーティー  福島~いま、私たちにできること~から始まる新たな出会いと創造 「福島の会津地域(昭和村)には、未来へずっと残していきたい「からむし織」という織物の文化があります。草を育てるところから、...

春の訪れと共に、三匹の獅子がやって来きます。 会津の長い長い冬も終わりを告げ、春彼岸を迎えますね。 誇るべき会津の伝統行事 “会津彼岸獅子” 笛や太鼓のお囃子にあわせ、三匹の獅子が舞を披露します。 鶴ヶ城、阿弥陀寺他市内各所を練り歩きながら、豊作や家内安全を祈る伝統行事です。 春の到来を告げる風物詩として知られており、お囃子の音色に皆心躍らせます。 彼岸獅子が家の近くまで来ると...

弊社の関連会社である、ヒルサイドコネクションでは和楽器を取り扱う “e-和楽器 http://e-wagakki.shop-pro.jp/”を運営しております。 継承米同様、日本の文化を皆様にもご紹介できればと思っております。 さて、暦のうえでは夏もすぐそこ。 各地で夏祭りや盆踊りの便りが聞こえる頃となりました。 ここ会津の盆踊りと言えばやはり“会津磐梯山” 米どころ酒どこ...

【 にしんの山椒漬けとは? 】 身欠きにしんを山椒の葉やしょう油、酒、酢などで漬けたもので会津地方の郷土料理。 江戸時代頃より作られていたとされる。身欠きにしんは貴重なたんぱく源だったが、この地域は山々に囲まれている事から海が遠く、新鮮な魚の入手が難しかったため、ニシンの干物に保存性を高める効果のある山椒の葉が使われていた。 現在も、各家庭で毎年漬け込まれ、その味と風味から日本酒の肴...

大岩がごろつく櫛田川が流れる、香肌峡。 三重県西部松阪の旧飯南、飯高の地域(現、松坂市)を指します。 ダイナミックな渓谷景色が続く、この街では、街の中だけで70もの大小さまざまな橋がかかります。 そんな橋の中でも、ひときわ目立つ橋がこの「ちゃくら橋」。道の駅・ちゃくら駅から遊歩道を歩いていくと辿り着きます。 北側の螺旋階段の最上段主塔近くから、櫛田川の水面までの高低差は約39m。この橋...

e-和楽器店長、実はプレイヤーとしても活動中でございます。 震災から5年。 会津では浜通りから非難してこられた方々が新しい生活をはじめています。 その為日常でもそういった境遇の方にお会いすることは珍しくありません。 震災後私達演奏家には何ができるのか。いつも考えさせられます。 【ふくしま復興への願いをこめて2016 from会津】 私達も出演のオファーを頂きました。 会場満員のお客様。さまざまな...

日本最大級規模都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に出店いたします! 6月のテーマは<ワールドマルシェ> ※毎月第二週末に開催 川がせせらぎ、気持ちのいい景色が広がる都会のまんなかにこのたび、マルシェがオープンします。 出店するのは日本全国から集うこだわりの農家のみなさん。 その時々に採れたフレッシュな旬の野菜や果物、加工品を、生産者との会話を楽しみながら購入できるのはもちろん、買っ...

e-和楽器店長、実はプレイヤーとしても活動中でございます。 民謡だけでなく、和楽器の演奏には必ずと言っていい程使われている楽器、 皆さんなんだと思いますか? 曲のベースとなるリズムを刻み、華やかな音色で演奏に輝きをあたえます。 そう、当り鉦(チャンチキ)です! 演奏にチャンチキがあるのと、ないのとでは曲の印象が全く違ってしまう程、 実は和楽器界の名わき役なんですよぉ!...

皆さん、弊社が販売しているお米に2合サイズがあるのはご存知でしたか? オンラインショップで販売しているものだとこちら。 実は、お店とコラボしたオリジナルパッケージも作っております。 氏郷か本田屋継承米をお選びいただき、お店のロゴと合わせてデザインいたします。 縦書きでも横書きでも対応いたしますので、ご要望があれば承ります。 今のシーズンですと御...

会津の薬用人参はおたね人参という種類の人参で、別名を朝鮮人参、高麗人参とも呼ばれます。 会津は日本国内で3カ所しか産地化に成功しなかったうちのひとつで、日本有数の「おたね人参」の産地として有名です。 皆さんは健康食品や栄養ドリンクでは摂取する機会があっても、生のおたね人参を食べる機会はなかなかないのではないでしょうか? 用途としては、サムゲタンや焼酎漬けなどよく聞くかと思...

東日本支援プロジェクト 『カワイイと素敵を見つけよう! (KAWAII&SUTEKI from EAST JAPAN) 』 2012年9月1日(土)~18日(火) 小田急百貨店 新宿店本館2階サンドリーズ・アレー 小田急チラシ(表) にっぽん元気マーケット (大規模展示会・販売会)事業のひとつとして、 小田急百貨店にて被災地域の商品を販売。 小田急チラシ(裏) 被災地域のモノづく...

私達が通常食べているタケノコは「孟宗竹」と呼ばれる種類で、日本には200年程前に中国から入ってきたものと言われています。 孟宗竹の名前の由来は、中国の孟宗という孝行息子が病気の母親の為に真冬、雪を掘り起こし採ってきたタケノコを食べさせたというところから来ているそうです。 母はその美味しさから、もう一度食べたいと息子に頼むが「もう、そうはない」と言われたと、笑い話になる程の美味しさだったとか。 日本...

水の文化と赤ちゃんに優しい軟水が特徴の山形県長井市。 軟水の中でも特に硬度が低く20程度です。 赤ちゃんの内臓への負担が少ないため、ミルクの溶き水や飲み水として使用するのに最適です。 水道水は朝日山系の山々によって自然に濾過された100パーセント天然の地下水を使用しています。 町中に水路が張り巡らされ、豊かな水と自然が広がる景色のなかでの生活は、贅沢な水での子育てを実現することができます。 そ...

家族を想ったとき、その卵は生まれました ただひたすらに家族を想って作った卵。 名前を「妻の為のたまご」「娘の為のたまご」と名付けました。 会津坂下町でこだわりの卵を作っている「やますけ農園」さん。 ユニークな商品名には、園主山口さんの想いが溢れています。 山口さんは2007年まで海外勤務でヨーロッパ中心の生活を送っていました。 日々の生活はとても忙しく、仕事に追われる毎日でした。 家族の為...

【第308回】“ふく”の達人 首都圏(tvk:2018年3月2日 テレ玉:3月8日)放送 https://www.youtube.com/watch?v=knLsd05kro8 先日ご紹介した「福の小みやげプロジェクト」を大きく取り上げて頂きました。30分ほどの内容ですが是非皆さまにご覧いただきたいです。 弊社代表の本田勝之助が震災後から取組み、全体プロデューサーを...

“お米の花”って見たことありますか? 5月に植えた苗は、ぐんぐんと根を伸ばし、夏には穂を実らせます。 葉のさやの間から顔を出した穂は、受粉をはじめます。 すると、天気のよい午前中に白くて小さい花が咲くんです。 咲いている時間はおよそ2時間ほどと短いのと、大きさもかなり小さいのでなかなかお目にかかれません。 花が咲いたことは、田んぼの水の上に散った花が浮かんでいるので分かります。 農家さんでのなか...

春一番の甘くて柔らかい茎立菜、継承米と共に頂きます! 会津には様々な伝統野菜があります。 弊社本田屋本店、会長本田勝美が会津山平青果市場時代に立ち上げた「会津の伝統野菜を守る会」は、 現在も受け継がれ、会津地域で古くから栽培されてきた古来の在来種の種の保存・地産地消・土産土法が進められています。 会津の伝統野菜は、会津の気候、土壌に根ざし、昔から作られている会津の在来種野菜で、 ...

『INTERNATIONAL FASHION FIER 2012』 2012年7月18日(水)〜20日(金) 東京ビッグサイト(東京国際展示場) ファッション業界における国内最大のトレードショー、 多くの出展者が自慢のクリエーションを提案し、新しいビジネスを広げる 『IFF -INTERNATIONAL FASHION FIER- 2012』に、にっぽん元気マーケット 東日本ものづくり支援...

今年で3年目となる“ふくしまみらいプロジェクト” 東日本大震災で避難を余儀なくされた、福島12市町村の150社を対象に事業支援を行っています。 ふくしまみらいプロジェクトとは・・ https://fukushima-challenge.go.jp/ “大堀相馬焼”をみなさんご存知ですか? 江戸時代初期から作られ始めたと言われる、福島県浪江町の大堀地区一円で生産されてきた焼物で...

3.11、あの震災から8年。 長いようで短く、振り返れば切なく、込みあげてくる想いがあります。 毎年各地で復興イベントが開催されるなか、 会津でも追悼復興祈念行事が開催されますのでご紹介します。 みんなで集い復興への想いを寄せませんか。 (※写真は以前開催された時の様子です) 【3.11 追悼復興祈念行事in会津      8年前のあの日に祈りを込めて】    開催日...

長い会津の冬が終わり春を迎えるこの時期、会津では「彼岸獅子」が練り歩き晴れやかに祝います。 会津若松市の伝統行事・「会津彼岸獅子」 「彼岸獅子」といっても、一般的な獅子舞とは違い一体をひとりで演じます。 会津彼岸獅子スタイルは、獅子頭をかぶり、色鮮やかな衣装を身にまとい、おなかの上に太鼓をさげて拍子をとります。 写真は磐梯町赤枝の彼岸獅子です。 100件近くある赤枝集落を回る彼岸獅子は、...

e-和楽器店長、実はプレイヤーとしても活動中でございます。 会津若松市の可愛い着物屋、庵はづきさん。 常連のお客様をお呼びしての新年会を開催され、そちらへ出演させて頂きました。 会場は割烹萬花楼さん。(普段から弊社の継承米をご愛用頂いております) 金屏風の前でなんとも目出度いステージです。 いつもの民謡太鼓のセットに、当り鉦(チャンチキ)と三味線。 新人のメンバーも只今チャンチキを勉...

e-和楽器のすすめ ~相馬流れ山~ e-和楽器店長、実はプレイヤーとしても活動中でございます。 先日急に舞い込んだステージは“日本全薬工業様創業様創立70周年記念祝賀会” 私がリーダーをつとめる民謡ユニット會凛鶴~airinkaku~の民謡ショーと、もうひ とつ祝賀会オープニングでのソロの演奏。あわせてご依頼頂きました。 オープニングでは私のアカペラで。 ご希望頂いた曲は福島県民謡“相馬流れ山...

3月11日(日)フジテレビ新報道2001にて 弊社代表本田勝之助のインタビューの様子が放映されます。 東日本大震災から7年福島の今。是非ご覧ください。 ■2018年3月11日7:30~8:25 http://www.fujitv.co.jp/shin2001/

福島復興支援チャリティーディナー チーム・ソルトンセサミのチャリティーパーティー福島~これからの未来へ繋ぐ~ 2013年9月3日 パレスホテル東京 2008年よりスタートし、今回で5回目を迎えたチーム・ソルトンセサミのチャリティーパーティー。これからも”私たち”にできることを考え、福島をテーマに開催、チーム・ソルトンセサミの活動とともに引き続き「福島に元気を!」とエールを届けた。 2011年、...

日本で養蜂がもっとも盛んに行われている地域はどこですか・・・? パっと答えが出てくる方は少ないのではないかと思います。 全国的に見ても、もちろんランキングはあるので、盛んな地域の順位付はされておりますが、有名な産地というよりは、各地でこだわりを持って行っているところがほとんどのようです。 今回は会津地方で自家栽培にこだわり、無添加のままの天然蜂蜜を生産している「ハニー松本」の商品のご紹介で...

日本人なら誰もが毎日口にするお米。 そのお米の「鮮度」について気にしたことはありますか? お米も生鮮食品、鮮度が命なんです。 精米されたお米は玄米に比べて遥かに酸化しやすく、 時間が経てばどうしても味は落ちてしまいます。 お米は生きていて、常に呼吸をしています。 空気中の酸素と結合したり、湿気を吸うことによって劣化してしまいます。 時間が経つにつれて、次第に食味が悪く...

「奥会津金山 天然炭酸の水」は、 一日に限られた量しか採取することの出来ない、大変貴重な純国産の天然炭酸水です。 硬度は、57。 軟水にして微炭酸というまろやかな口あたりで、和洋問わず様々な食事によく合います。 徹底した品質へのこだわり 源泉の清らかさを損なわないよう、徹底した衛生管理のもと、採水・ろ過処理を行っています。 また、水質試験の結果 大腸菌はもとより、一...

『帽子デザイナー 平田暁夫氏ワークショップ』  (共催:チームソルトンセサミ)  2011年11月11日(金)生涯学習綜合センター 「会津稽古堂」美術工芸スタジオ 世界的帽子デザイナー 平田暁夫氏による  ものづくりの楽しさ、人との出会いからの学び、昭和村『からむし』の可能性についてのトークイベント 平田氏は2011年8月1日に昭和村を訪問。 ...

会津産の最高級コシヒカリをお試ししてみませんか。 送料込みのお得な『お試し米』を発売いたします。 美味しいお米をつくるためには、まず土づくりから。 継承米は独自の肥料を使い、土作に長年かけて、 微生物が活発に活動する生きた土づくりに取り組んでまいりました。 継承米の田んぼの土は、稲が自分で栄養をぐんぐん吸収できるトロトロの土です。 よい土をつくることで、稲は健康に育ち一粒一...

今年の会津の冬は、しばらくの間暖かい日が続いていました。 しかしやっぱり訪れました。冬将軍。 磐梯山も真っ白。スキー場にも沢山の人が訪れています。 市内でもこんなに雪が降るのは数年ぶりな気がします。 こうでなくちゃ!会津は。 会津はこの時期イベントが目白押し!! 各地の初市や俵引きからはじまり、この後2月には冬まつりやキャンドルナイトなどが開催されます。 代表的なイベントをいくつ...